Baby ring

一生使えるベビーリングの意味とその選び方とポイントについて

● SITE MAP ●

ベビーリングの選び方のポイントとは

ベビーリングは現在では出産祝いといて一般的になりつつありますが、選び方のポイントを把握しておかないと思わぬ失敗を招いてしまう事があります。基本的には記念品になりますので、失敗してしまうと贈った側も贈られた側も気まずいものになってしまいます。
まず、最初に注意するべきなのはベビーリングの素材になります。海外では赤ちゃんに銀のスプーンを贈る風習がありますので、ベビーリングもシルバーを選ぶかたがたがいらっしゃいます。しかし、銀は変色しやすくネックレスとして使っている場合には黒ずんでしまうのでこまめな手入れが必要になります。またプラチナは変色に強いのですが、取り扱いが難しく非常に高価な素材になりますので贈り物としては適しているとは言えなくなっています。なので、この場合はゴールド素材が最適だとされています。金は劣化しにくい金属になりますし、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどバリエーションもいくつかありますので選びやすい素材になります。
次に誕生石についてですが、こちらは基本的には生まれた赤ちゃんの誕生石を選ぶ必要があります。しかしカラーバリエーションの問題などから、誕生石ではなく母親の好きな宝石から選ぶといった方法も良い選択になるとされています。

ベビーリングの意味と使い方

女性が子をお腹に宿す時、元気で健康で生まれてきてくれることを願います。誕生を待ち遠しく思っている未来のママとパパが生まれてくる赤ちゃんにプレゼントをする「ベビーリング」というものがあります。ベビーリングとは、生まれたばかりの赤ちゃんの指のサイズで作る指輪で「赤ちゃんの成長と幸せを祈る」という意味が込められています。初めての妊娠、出産・子育てをするママにとってファーストプレゼントを赤ちゃんに贈るというのは素敵だなと思います。
またベビーリングの発祥はヨーロッパで、指輪ではなく最初は「銀のスプーン」で贈るのが一般的だったみたいです。「一生食べ物に困らないように、悪いものが寄ってこないように」などの意味がスプーンに込められていて、いつしか銀のスプーンからリングへと変化していったようです。
気になるのは使い方ですがこれも個人差があるようです。記念写真を撮って後は赤ちゃんが大人へと成長した時にプレゼントをするママや、プレゼントするまでママ自身がネックレスとして使用する場合もあります。お腹の中で誕生を待つ赤ちゃんにとって、喜ばしいプレゼントだと私は思います。ママやパパにとっても、心に残るベビーリングです。

ベビーリングに健やかな成長の祈りを込めて

ベビーリングとは赤ちゃんの指のサイズで作る小さな指輪です。ヨーロッパの文化ですが、現在では日本でも贈り物にベビーリングが知られつつあります。両親から子供へ記念として贈るのもいいでしょう。また出産祝いの贈り物としても喜ばれるはずです。小さな手に小さな指輪がとっても可愛らしいです。お宮参りや100日、ハーフバースデーに1歳のお誕生日と今は様々なお祝い事がありますのでその記念にお写真を撮る時に一緒に撮ってもいい記念になります。
ベビーリングに入れる石というのは、誕生石が一般的になります。誕生石とはその月によってそれぞれ石が決まっていて、それを身につけるとその石の持つパワーによって守られるというお守りのようなものです。誕生石だけでなく、思い入れのある石で作るのも素敵です。
また名前に石の漢字が入っている場合はその石で作ってもいいですね。例えば、名前に〝瑠〟や〝琉〟が入ってる場合はラピスラズリの石を、〝珠〟が入っている場合はパールを指します。宝石は昔から様々なパワーを持っていて、身につけると石のパワーによって守られるとも言われています。赤ちゃんが健やかに成長するように願いを込めてベビーリングを贈りましょう。


【お急ぎでも対応可能です!】気に入ったベビーリングを選んで素材と誕生石を選ぶだけなのです!ご注文時にベビーリングの組合せをその場で確認できるのはジュエリーアトリエだけです!画面で見た以上の出来栄えに沢山の喜びの口コミも頂いております。

● CONTENTS ●

TOP